診療科目

ホーム  >  血尿・膿尿

血尿・膿尿
hematuria

血尿・膿尿が発生した方へ

基本的にはオシッコは無色から麦わら色で透明ですが、赤っぽい尿や混濁した尿が出ることがあります。

それがすべて異常とは限らないのですが、異常の徴候であることが多いので、なぜそうなのかをはっきりしておかなければなりません。このオシッコに赤血球が混ざることを「血尿」、白血球が混ざることを「膿尿」といいます。

赤血球も白血球も血液中の細胞ですが両者の意味はずいぶん違います。血尿はオシッコの通り道のどこかで血管からオシッコの中に血液が漏れていることの表れです。つまり出血を意味します。膿尿の白血球は血管内から直接尿中に出るのではなく、感染に対する反応などとして白血球が組織間を遊走してきて尿中に出てきます。

赤色尿

血尿は目で見て分かる「肉眼的血尿」と、目で見ても赤くないのに顕微鏡で見ると赤血球が混ざっている「顕微鏡的血尿」があります。赤くないのに血尿であることの反対として、赤っぽいオシッコなのに血尿ではないこともあります。

よく、便秘でダイオウを含む下剤を服用されている人が濃いオレンジ色のオシッコが出るといって相談に来られます。でもそういう方の場合でも、本当に血尿もあるケースもありますので検尿は行うようにしてください。

混濁尿

白っぽく濁った尿が出ても、必ずしも膿尿とは限りません。
特に幼小時に九州や四国などで過ごされたことのある人で、まれに見られるフィラリア症で牛乳の様に乳濁したオシッコが出ることがあります。塩類の結晶がたくさん出ている塩類尿も濁って見えます。

血尿でもっとも心配なのは癌だと思います。

オシッコの通り道の癌としては腎癌・腎盂癌・尿管癌・膀胱癌・前立腺癌・尿道癌・尿膜管癌があります。腎癌と前立腺癌は、癌がオシッコの通り道の粘膜にまで影響しないと肉眼的血尿はほとんど発生しません。

一方、膀胱癌などは早い時期に肉眼的血尿が出はじめるため、血尿が早期発見に役立っているといえます。尿管癌の場合、血尿と腰背部痛があって尿管結石と紛らわしく診断が遅れる場合があります。

尿路結石

腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石をまとめて尿路結石といいます。

基本的には、腎臓でできた小さな石の種が流れていく途中で粘膜に張り付いたり、引っかかったりしてなかなかに出て行かないうちに成長したものです。硬いものが狭い所にあるのですからちょっとしたことで出血します。

腎結石は尿管の入り口をふさいでしまわなければあまり痛みを感じることはありませんが、血尿の原因として考えておかなくてはいけません。人間の神経は刺激の強さよりも刺激の強さの加速度に良く反応するようになっており、急激に尿の流れが悪くなって圧力が一気に上がると痛みとして気が付くのですが、ゆっくり圧力が上がってきた場合は気が付かないことも珍しくありません。

気が付かないでいる内に長い年月が経って石が徐々に成長して腎盂の形にはまりこんだような鋳型結石になってしまっていることもあります。

尿管結石はしばしば疝痛という猛烈な痛みに襲われますが、これは石が尿管を引っ掻いて行く痛みではありません。痛みの神経は尿管にはあまりなく、腎臓の被膜にたくさんあります。尿流が堰き止められて圧力が上がって上流が膨らむため腎臓の被膜が緊張してそこが痛くなるのです。

したがって尿管結石が上の方にあっても下の方にあっても、腎臓の辺りが痛くなります。腎結石が尿管の入り口をふさいでしまった時の痛みも同様です。尿管結石が下がってきて膀胱に近づけば膀胱が刺激され、興奮して膀胱炎のような症状が出てきます。尿管結石を指摘された人でオシッコが近くなったり、残るような感じがする様になってきたら、膀胱の近くまで降りてきているのかも知れないと思ってください。

石が膀胱に出てしまえば尿管と比べて尿道は通常太いので石はすぐに外に出てしまいますが、前立腺肥大や尿道狭窄があって出られない場合があります。寝た切りの人の場合、石は膀胱内の背側に沈んでいてなかなか膀胱の出口に行かないため膀胱内で次第に成長してしまいます。

石が尿道の途中で引っかかって出なくなってしまうと、膀胱のオシッコが出にくくなってしまいます。至急石を砕いて尿が流れる様にしなくてはなりませんが、尿道内で石を割るのは危険なので、通常は膀胱内に一度押し戻してから石割りをします。

石を溶かす薬を要求される患者様も多いのですが、紅茶の中に入れた角砂糖のように解けてなくなってしまうことなど、少なくとも今存在する薬はありません。「多少解けるかもしれない」という程度にお考えください。

尿路結石は生活習慣病の一つであるとの考えもあります。予防のためには水分を多く摂り、線維質を良く摂って、脂っこいものを避ける。味付けは薄味で、飲酒はできるだけ控えめにしてください。石にはビールと言うのは迷信です。規則正しい生活を送り、マメに運動することも大切です。規則正しい生活をしていると石はでき難いということのようです。

前立腺結石というのがありますが、これは上記のような尿路結石とは違うものです。痛みが来ることもまずありません。ほとんどの人は何もしないままでいます。しかし血尿や血精液の原因となることがあります。

感染

膀胱炎で血尿が出ることはよくあることですが、オシッコの通り道の炎症では膿尿が主となります。
膿尿がない血尿で尿路感染などあり得ないと思ってください。

血を固まり難くする薬

脳梗塞や心筋梗塞のある人は血が固まり難くなる薬を飲まれていることが多く、場合によってはそのような病気がなくてもお年寄りに予防的に投与されていることがあります。チョットぐらいの血管のほころびは通常であればその部位に血液の塊ができて血を止めてくれるのですが、それを起こり難くしているのです。

オシッコの通り道で何か出血するようなことがおきた場合、通常なら気が付かない内に止まってしまうようなことでも、血尿となってしまうことがあります。その薬を止められるか、危険でやめられないのか主治医の先生と良く相談してどうするかを決めなくてはなりません。

血尿・膿尿の主な検査

血尿・膿尿の検査は症状によって様々です。詳しくは一度当院までお問い合わせください。

▲ページの
先頭へ戻る